アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

背景を理解する

男性同士の契約

契約書を交わすときにはそうした背景を理解したうえで納得して進めることが重要です。
料金は手間や時間、習得難易度や言語の利用者数といったことでも変わってきます。
相場だけではなく納期や情報そのものの重要性などの観点からも翻訳料金について吟味できるようにするとお互いにメリットを得られます。
その時代や地域に即したものとするのか、普遍性を持った翻訳にするのかといったようにどういった層に伝える内容なのか、そうした手間をかけた際に料金と釣り合っているのかといったことを含めたうえで契約書を作成することが必要です。
特に良い仕事を行うためには地道な作業を積み重ねていくことが大事なため、一定期間の拘束や集中した環境が取れるような業務体制を敷けるように整えていくことでより充実したものにしていくことが可能になります。

翻訳での契約書作成

契約時のハンコ

翻訳業務を契約する際には契約書をきちんと作っておくことが相互にとって安全であるといえます。
依頼者側としては品質や相手の状況についての把握をすることができるようになるという利点があり、受託者側としては適正な契約であるのかということを料金や契約書内容から判断したうえで仕事をすることができるという利点があります。
翻訳はどのように行っていくのかによって難易度が大きく異なります。
専門用語の有無や方言的な言い回し、若者言葉などの訳し方、言語そのものの難度や一般性といったことでも領域が変わってくるものだからです。

単位

契約をする男性

こちらの方の単価が少し易く設定されていることが多いようです。
このようなシステムになっている所がほとんどだと思いますので、外国人との契約などが必要に鳴なってきた場合には、いくつかのサイトや事務所を比較して、ご利用されてみては如何でしょうか。

契約書翻訳の料金

契約書にサインをする女性

外国語から日本語、日本語から外国語への翻訳を専門に取り扱ってくれる事務所というものがあります。
文章の翻訳は文学的なものから実用的なものまで、さまざまなジャンルがありますが、その中でも契約書の翻訳を専門とする事務所があります。
契約書には、物品売買契約書や代理店契約書、業務委託契約書からライセンス契約書等いろいろな契約書がありますが、料金大系は単語数や文字数などで決められていて、はっきりしていますので、安心して委託することが出来ると思います。
事務所によって、多少の料金差はあるようですが、ここで一例を挙げて見ますと、その料金算出法に「原語カウント制」というものがあります。
この方法は翻訳対象の原語をベースに、原文の単語数や文字数によって料金を算出する方法で、外国語から日本語に翻訳する場合と、日本語から外国語に翻訳する場合との両方があり、料金も少し違って来ます。
外国語から日本語への場合は、原文の単語数をカウントし、その単語数に単価を書けて計算します。